古い抵当権の登記が残っていることが判明した事例

古い抵当権の登記が残っていることが判明した事例

ブライト総合司法書士事務所に相続登記を依頼されたので、司法書士が
登記事項証明書を確認したところ、銀行の抵当権の登記が残っていることが
わかりました。

この抵当権は約40年前に設定登記されたものであり、依頼者は故人が残した書類に
抵当権や住宅ローンに関するものがないか探したものの、
見つけることができませんでした。
依頼者は相続登記が済んだら売却処分も考えていたので、
抵当権が付いたままでは売ることができず困ってしまいました。

ブライト総合司法書士事務所で抵当権者である銀行が合併によって
行名が変わっていることを調べました。
その銀行の不動産の近隣の支店に問い合わせた結果、
住宅ローンを完済していたことの確認がとれて銀行から抵当権を抹消する
書類を発行してもらい、無事に抵当権を抹消登記を申請することができました。

◇千葉県松戸市・ブライト総合司法書士事務所◇

ブライト総合司法書士事務所

千葉県松戸市の司法書士の事務所です
(松戸駅西口徒歩3分)

平成15年(2003年)に開設しました
相続、遺産分割や遺言の相談に積極的に対応します
不動産の売買、贈与、抵当権などの登記に関するご相談
会社の設立や新株予約権や組織再編の登記のご相談
一般社団法人設立や合同会社設立の経験も豊富です
訴訟、支払督促も認定司法書士がお手伝いします
相続放棄、遺言検認、成年後見等申立書の作成承ります

ご連絡先はこちら

ブライト総合司法書士事務所
千葉県松戸市本町14-1
松戸本町センタービル8階
TEL:047-365-1690
FAX:047-365-1691
E-mail:info@bright-shiho.jp